くるぶしの黒ずみは意外と目立つ!

以外と目立つ!くるぶしや足の甲の黒ずみ

 

くるぶし

 

くるぶしや足の甲に黒ずみができてしまい、悩んでいる女性は多いです。
靴下やブーツを履いていれば、普段はあまり人の目に付かない部分かもしれませんが、パンプスやサンダルを履くときには隠すことが難しいですよね。
せっかく綺麗な脚でも、くるぶしや足の甲が黒ずんでいると目立ってしまうものです。

 

体の黒ずみは、全体の印象に影響を与えてしまうだけでなく、年齢を感じやすくなることにもつながります。
いつまでも若々しい印象を保っていくためにも、気になる黒ずみは早めにケアしておきましょう。

 

体にできてしまった黒ずみは、皮膚科に相談すれば治療してもらえます。
その人の肌に合った治療法や薬の処方で対応してもらえるので、あまりに酷い黒ずみは医師に相談してみるのもひとつの方法です。
とは言え、黒ずみだけで通院するのは何だか億劫だと感じてしまう人もいるでしょう。

 

実は、体に黒ずみができる原因は普段の生活の中に潜んでおり、意識して生活の仕方を変えるだけで黒ずみを改善していける可能性があります。

まずは、自分のくるぶしや足の甲にできてしまった黒ずみの原因を考えてみましょう。
原因さえ分かれば、黒ずみを改善・予防するための正しい過ごし方が見えてくるでしょう。

 

 

原因

 

くるぶしや足の甲に黒ずみができてしまう主な原因は、「摩擦や紫外線による色素沈着」「古い角質の蓄積」「血行不良」などです。

 

日々の生活の中で、正座の姿勢で長時間過ごすことがある人は、くるぶしや足の甲が床面にぴったりと接する時間が長くなります。

足を圧迫し続け、床面との擦れによる摩擦で肌に刺激を与えることで、メラニン色素が生成・沈着しやすくなります。

サンダルやパンプスで外出することが多い人も、紫外線によるダメージを受ける機会が多くなり、メラニン色素の沈着で黒ずみができやすいです。

 

また、正座やあぐらなどの姿勢で刺激を受けることが多い足は、おのずと皮膚が硬くなり、角質層も厚くなっていきます。
硬く厚くなった皮膚は、ほかの部分に比べてターンオーバーの周期が長くなりがちです。
そのため、古い角質が取れにくくなり、黒ずみの原因となってしまいます。

 

そして、意外と忘れがちなのが「足の血行」です。
下半身は重力に逆らって血液を心臓へ戻さなければいけないため、もともと血行不良になりやすい場所です。
さらに、冷え性で足元が常に冷たくなっているという女性は多く、足の血行不良が起こっていることがわかります。
血行不良が続くと肌の血色が悪くなり、黒ずんでいるように見えてしまうことがあるため、血液の流れを意識して生活すると良いでしょう。

 

 

ケア方法

 

すでに黒ずみができてしまったくるぶしや足の甲は、セルフケアで綺麗な状態に戻していける可能性があります。
特に、摩擦や紫外線などによるダメージで色素沈着を起こしている場合は、肌のターンオーバーを活性化させることが効果的です。
肌が乾燥しないようにきちんと保湿ケアを行い、肌に栄養を与えて健康な状態へと導いていけば、ターンオーバーが活性化されて黒ずみの改善も早くなるでしょう。

 

とは言え、どのようにケアをすればターンオーバーを活性化させられるのか、いまいちピンとこない人もいるのではないでしょうか?
そのようなときには、黒ずみ専用のケアアイテムを使用してみると良いかもしれません。

 

インターネットで検索してみると、「アットベリー」のような黒ずみをケアするために作られた専用アイテムが販売されていることがわかります。
アットベリーには、黒ずみを薄くしていくための美白成分はもちろんのこと、肌を刺激から守る保湿成分や、敏感肌の人でも安心の植物成分が配合されています。

 

アットベリーひとつで、黒ずみの“ケア”と“予防”が可能なので、黒ずみケアのために数種類の化粧品を揃える必要がありません。
ケアのために用意する化粧品に悩んでいる人だけでなく、忙しい日々の中で手軽に黒ずみケアをしたいと考えている人も、便利に使用できそうですね。

 

アットベリー特典多数の公式サイト